転職フェアで企業担当者に好印象を与える服装と持ち物を知ろう

転職フェアでチャンスをつかもう

様々な転職方法のなかで自分にあう方法で転職をすることをおすすめします。転職フェアを利用した方法や、転職エージェントを活用した方法など、自分にとってより効率的でメリットの多い方法をみつけて転職活動をしましょう。

当日の持ち物や服装は

必見!転職フェア参加の持ち物と服装

Pocket
LINEで送る

転職フェアに必要な持ち物

転職フェアへは必ず筆記用具・メモ帳を持って参加しましょう。また、転職フェアで配布される企業パンフレットなどの資料が入るA4サイズの鞄も必須です。さらに履歴書と職務経歴書を持参して参加するとよいでしょう。これらを持参することで、企業担当者と話す際、自分の経歴を説明する手間を省くことができます。ただし、転職フェアへ参加する前にエントリーシートの履歴や職歴を記載している人は、履歴書や職務経歴書の用意は必要ありません。
持っていくものを準備する際、事前に転職フェアについての詳細をネットなどで確認しておきましょう。ネットで得られる情報から、転職フェアに必要となる持ち物を確認することができます。また履歴書の添削をおこなってくれる場合もあり、転職フェアに参加する前にネットで情報を確認しておくとメリットが豊富です。

転職フェアに参加する際の服装

転職フェアへの参加事項で、詳細を確認すると服装は自由と記載されています。自由とされていても、どのような服装で参加すればよいか迷います。自由な服装と記載されているからといって、ラフな格好をして参加してもよいとは限りません。服装が自由と記述されていても、スーツを着用して参加する方がよいでしょう。実際、参加者の7~8割がスーツで参加しているという調査結果もあります。スーツを着用しているだけで、転職活動に真摯に取り組んでいると判断されるからです。どんなにオシャレな服装であっても、私服で参加すると企業担当者は、「どこかに出かけたついでに参加したのでは?」と、勘違いするでしょう。参加者の服装や身だしなみは、転職希望者の熱意を知るために重要です。採用基準として判断されることもあるため注意しましょう。本気で転職を決めたいという意欲を企業担当者に表すためにも、スーツで転職フェアに参加することをおすすめします。
ただ、どうしてもスーツで参加できない場合は、オフィスカジュアルを意識した私服で参加しましょう。例えば、落ち着いた色のジャケットに白いシャツ、スラックスなどを着用するとよいでしょう。靴もスニーカーなどは避け、革靴を履きましょう。就職フェアで企業の担当者は、参加者の身だしなみを確認している可能性があります。転職フェアでは、企業担当者と面談することもあります。服装から人柄を判断されることもあります。その後の転職に繋がるよう、転職したいという意志と姿勢がわかる服装を意識して転職フェアに参加しましょう。

転職フェアについて知りたい人おすすめ!

特集記事

  • 対応業界が広い総合型

    対応業界が広い総合型

    総合型転職エージェントとは、様々な業界の求人をそろえている転職エージェントです。総合型転職エージェントには、大手の企業求人情報が集まりやすい傾向があります。総合型転職エージェントを利用して、自分にあう企業を紹介してもらいましょう。

  • 様々な転職方法との比較

    様々な転職方法との比較

    転職方法には、様々な企業と直接話ができる転職フェアに参加する方法や、転職エージェントを利用する方法、求人サイトで転職先を探す方法などがあります。自分のライフスタイルにあった転職方法で、希望する転職先をみつけましょう。

  • 誰でも参加できる

    誰でも参加できる

    転職フェアは、だれでも無料で参加ができるイベントです。自分にあった企業を探すためにも、合同説明会と称される転職フェアに参加してみましょう。様々な業種が参加しているため、転職先の視野が広がるチャンスにもなります。